FC2ブログ

小説一覧

初めての方は 『初めにお読み下さい』 の一読をお願いします。 本編 『小説一覧』

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス・ソープ

2012.12.24.Mon.14:14
クリスマス・ソープ


 「初めましてチアキで~す。ご指名ありがとうございます!」
 「あっ、こんばんは、どうも。」
 俺(高田)は今回一念発起し、ソープランドへ行くことに決めた。
 ネットで調べ、事前に嬢の予約を取り、個室に案内された。
 年齢(28歳)=彼女いない歴=童貞に今日こそ終止符を打つ。世間ではクリスマスで浮かれているが、1人身には辛いイベントだ。特に今年は休みと重なり、仕事を言い訳にできない。それならばいっそ……ということでソープにきたのだ。嬉しいことにクリスマス限定サンタコス無料サービスもあり、俺は胸を高鳴らせていた。
 俺のことを確認し、チアキは受付に電話で連絡していた。
 ネットでは目が隠れた写真しか見ておらず、ソープでは化け物が来るなどの体験談も読んで不安になっていたが、今回は当たりのようだ。
 ギャルっぽい感じだが、顔や体が魅力的だ。それに露出の高いサンタコスがたまらない。
 俺の熱い視線に気づいたのか
 「そんなにジロジロ見られると恥ずかしいですよ///」
 と頬を赤らめた。
 かわいい!と思っていたが、どこかで見たことがある気がする。
 チアキの方も少しこちらを見ている。
 「えっと……もしかして、高田君?」
 「……そうですけど……」
 「私、中学の同じクラスだった佐藤www」
 「えっ、あっ本当に佐藤さん?」
 「ホントホントwww。え~、マジ高田君だったんだ。へ~、よくこういうお店来るの?」
 「いっ、いや、初めてだよ・・・」
 「ふ~ん、確かに昔から真面目な感じだったもんね~。最近ハジけちゃった感じ?」
 「ま、まぁそんな感じかな・・・」
 彼女とは中学の同級生である。
 ほとんどしゃべったことはないが、3年間同じクラスであった。
 当時、俺は容姿がいいわけでもなく、スポーツも勉強もダメでクラスで目立たない浮いた存在であった。
 佐藤さんは先生に平気で逆らうような人で、頭は良くなかったがその容姿とスタイルから男子に人気があった。
 高校は別々になり、その後は何も知らない。
 しかし、やはり風俗のプロフィールは信用ならない。20代前半と書いてあったのに、28歳じゃないか!


 「じゃあ、早速ヤリますか?」
 彼女はすぐに仕事モードに入った。サンタのコスチュームで俺を誘惑してくる。
 俺は同級生が相手ということで戸惑いを隠せないでいたが、彼女には関係ないようだ。
 「時間あるから早くした方がいいよ。最初はマットプレイねwww」
 「う……うん。」
 「しょうがないな~、私が脱がせてあげる。高田君は甘えんぼさんだねwww」
 何をしていいかわからず立ち尽くしていた俺を、彼女はどうやら勘違いしたようだ。
 「アハハ、ガリガリじゃん。もっと鍛えないとwww。私も脱いじゃうね。」
 もう少しコスを見ていたかったが、彼女はすでに下着になっていた。サンタクロースをイメージした赤と白の下着だった。
 そして、程よく日焼けした健康的な肌。
 「私なんてこの体系維持するの大変なんだから。」
 そう言いながら腰をくねらす。くびれもあり、グラビアアイドル顔負けのスタイルをしている。
 俺はパンツ一丁になって待っていた。
 「じゃあ、パンツも脱がしちゃうね~。」
 「で、でもまだ佐藤さんも・・・」
 「私のはお楽しみ。同級生の裸見るのって興奮しない?」
 それは確かに興奮する。
 彼女は俺のパンツに手をかけた。
 「だから、私のはお楽しみ。フフフ、高田君のチンポは立派に成長しているかな~。」
 えいっ、という掛け声で俺のパンツを脱がせた。
 「えっ・・・ププッ・・・何コレ~www」
 彼女はお腹を抱えて、笑っている。
 「え~、包茎チンポじゃん。しかも皮余りすぎじゃない?」
 俺は慌てて皮を剥いた。
 「へ~、皮の中は綺麗にしてるんだ。せっかくなんだからチンカスまみれだったらもっと面白かったのにwww」
 「あんまり変なこと言わないでよ。」
 「え~、でもさこれで彼女に見せられるの?でも、クリスマスにこんなお店に来るってことはもしかして童貞?」
 彼女は笑いながら聞いてくるが、俺は黙り込んでしまった。
 「えっ、ウソ。ごめ~ん、カマかけるつもりだったんだけど、まさか本当だったとは……」
 「ど、童貞で悪いかよ!」
 俺は少し震えながら怒鳴った。
 「逆ギレとかカッコ悪いよ。童貞は悪くはないけどさ、真剣に考えるとその歳で恋愛経験ゼロは焦らない?」
 「そ、それは……」
 お互い黙り込んでしまう。
 「まぁ、焦りもあって今日、こうしてお店に来たんじゃないの?」
 「うん……」
 「そうそう、それなら怒鳴らないで逆ギレもしないで、ちゃんと現実を受け止めなくちゃ。サンタクロースはプレゼントをあげるはずなのに、逆に童貞貰っちゃうなんて面白いねwww」
 俺は言い返せないことに悔しさを覚えたが、それとは反対に股間は熱くなっていた。
 「おお~、まだ何もしてないのにビンビンだね~www」
 佐藤さんはローションをマットに流し、俺は指示を受けてマットにうつぶせに寝かされる。
 「ああっ、すごい気持ちいい……」
 背中にローションを流され、全体をマッサージされる。仕事の疲れはもちろん、体中の力が奪われそうだ。
 「フフフ~、お楽しみはこれからだよ~。」
 背中、お尻、足と順々にマッサージされていく。
 「アハハッ、腰が動いてるよwww。そんなにチンチン苦しい?」
 「ご、ごめん。」
 気づかなかったが、俺は腰を振ってマットにチンチンを押し付けていたようだ。
 「苦しそうだから早いけど一発抜いときますかwww」
 俺を仰向けにさせ、硬くなったチンチンをローションまみれにしてシゴいてくる。
 「ああっ!すごい……ああっ!」
 びゅびゅびゅびゅびゅ
 「アハハッ、凄い飛んだねwww。出る時は言ってよ、早すぎだよ~www」
 佐藤さんは笑ながら、残りの精液を絞り出している。俺は息を整えるように深呼吸する。


 湯船でローションを落とされる。さっき出したばかりなのにもうビンビンになっていた。
 「すごい元気だねwww。マットプレイがもう終わっちゃったけど、もう本番に行く?」
 「う、うん。」
 本番が目当てでソープを選んだのだ。
 「そんなに鼻息荒くしないでよ~。じゃあ、こっち来て。」
 手を掴まれ、ベッドに移されるがこれだけどもドキドキしてしまうのが情けない。
 「初めてだもんね~。何かしたいプレイとかして欲しいことってある?」
 「……えっと……。」
 「無理なことは言うから、遠慮しないで言ってごらん?」
 「……フェラチオがしてもらいたい。」
 「男の人ってフェラ好きだよね~www。いいよ、してあげるから寝っころがって。」
 モジモジしながら言ったので、笑われてしまった。
 仰向けに寝かされ、佐藤さんはこちらを見るように俺の足元から顔を出す。
 「緊張してる?チンチン小さくなっちゃったよwww」
 「少し……。」
 いざ長年の夢を叶えられると思うと緊張してしまう。いつもならすぐに勃起するのに、この時は小さく縮んでいた。
 「咥えれば元気になるかな?」
 そう言って、佐藤さんは余った皮を甘噛みし、引っ張る。
 「ああっ!」
 赤ん坊がお母さんの乳首を吸うように、俺の皮を吸ってくる。時々、歯でクニクニ噛んでくるとあっという間に 勃起してしまった。
 「こういうのが気持ちいいんだwww」
 「う、うん……。」
 「なら、もっとしてあげる。」
 勃起してたらギリギリ剥ける皮を無理やり引っ張って、その中に舌を滑り込ませる。そして、敏感な亀頭を舐め、舌を尖らせて尿道をチロチロ舐めてきた。
 「ああっ!!そこはダメ~!!」
 全身に電流が流れたかと思うと、体に力が入らなくなる。
 俺の声にお構いなしに、佐藤さんは勃起したチンチンを咥え、本格的にフェラをしてきた。
 ジュポジュポ……
 唾液と吸引力で音を大きくさせている。先に1回イッてなかったら、即射精していただろう。
 「さ、佐藤さん、ヤバいです!」
 「チュッポッ……このままだとイッちゃいそうだね。じゃあ、入れちゃうけど、希望の体位ってある?」
 「き、騎乗位でお願いします。」
 正直もう動く体力がなかった。
 「いいよ~。高田君って意外とMなのかもねwww」
 今まで着けていた上下の下着を脱いだ。俺は初めて母親以外の女性の身体を見たのだった。
 「そんなにガン見しないでよ~www。まぁ、童貞ならしょうがないかwww」
 笑いながら、ポーズを取ったりしてくれた。
 「ちょっと~、オナニーとかは家に帰ってからしてよね。これからSEXするんだよwww」
 俺は知らない間にチンチンを手で握っていた。
 「これだから童貞はwww」
 佐藤さんは笑いながら、俺を寝かせる。あっという間にコンドームを付けられ、上に乗られる。その時、佐藤さんは最初に脱いだサンタの帽子を被った。
 「じゃあ、サンタさんにお願いして?」
 「えっ?」
 「童貞卒業したいんでしょ?サンタさんにお願いしないと?」
 ニヤニヤとこちらを見てくる。
 「サ、サンタさんお願いします。僕の童貞を捨てさせて下さい。」
 俺は真っ赤な顔をして言った。
 「そうなんだ。今年はいい子にしてた?」
 「してました……。」
 「よしよし、この歳まで童貞を守っていたってことは純粋な子なんだね。」
 頭を撫でられる。このアングルだと見下ろされている感じで、体がゾクゾクする。
 「じゃあ、サンタさんからのクリスマスプレゼントだよ。ほ~ら、チンチン入っちゃうよ~www」
 「ああっ!!」
 ヌルリッ
 生暖かく、少し締め付けられる感じがする。
 「ちょ~と腰動かすね。」
 ゆっくりだが、動くたびに快感が押し寄せる。このアングルだと、佐藤さんの胸の揺れがよく見える。思わず触ってしまった。
 「んっ?いいよ。揉んでもいいんだよ。」
 許しを得た俺は両手でおっぱいを揉む。
 「アハハッ、おっぱい好きなんだねwww。もうちょっとスピードあげるよ。」
 パンパンパンッと音が聞こえてくる。
 俺は横になっているだけだが、佐藤さんは大変そうだ。俺も少しでも我慢しようとするが、少しスピードが上がっただけで限界が近い。
 「も、もうイキそうです!!」
 「いいよ!このまま出しちゃって!」
 最後にスピードが上がり
 「あああっ、イキます!」
 すぐにイッてしまった。


 チンチンを抜かれて、コンドームを外される。
 「2回目だって言うのに結構出たねwww」
 縛ったコンドームを目の前に持ってこられて見せられるが、なんだか恥ずかしくなってしまう。
 「じゃあ、体洗おうか。」
 最後に佐藤さんの身体を目に焼き付けようとジロジロ見ると、また笑われてしまった。
 「クリスマスに女サンタに童貞奪われるのは、AVとかでありそうだよねwww」
 「確かに……。」
 「結構、そう言うシチュエーション好き?」
 「好きかも……。」
 「ふ~ん。まだ高田君は素人童貞なんだから、童貞狩りはいけるんじゃないの?」
 笑いながら言ってくる。明らかに俺が恥ずかしがるのを知っていて、そうしているのだ。
 「恥ずかしいから言わないでよ。」
 「まぁ、同級生ってことでいいじゃんよ。また、私指名してくれたら、もっといいことしてあげるよwww」
 その言葉だけで勃起してしまう。
 「元気だね~www。また、今度遊んであげるね『素人童貞君』www」
 皮の被ったチンチンにキスをされ、ビクンと体が動いてしまう。それをまた、笑われてしまった。
 「丁度時間ピッタリだ。彼女ができるまでは私が相手してあげるよwww」
 そう言われて、受付まで見送られる。
 時刻は午後8時を回っていた。これから午後9時から午前3時まで『性の6時間』と呼ばれる時間帯になる。
 駅までの道を通ると何組ものカップルとすれ違う。彼らは俺と違い、お金を出さなくても彼女とSEXができるのだ。明らかに若いカップルを見ると気が落ち込んできてしまう。
 こんな日はさっさと家に帰って、さっきのことを思い出しながらオナニーをするに限る。
 俺は足早に電車に乗ると、勃起を気づかれないように前かがみになっていた。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。